Obrigado por esta vida
obrigado2.exblog.jp

ネイチャーアクアリウム+写真+気のむくまま
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
フィルターシステム模索中・・・
えっえっと・・・
異常はないですかね~?

f0185924_11532577.jpg


かれこれ5回目の60P立ち上げですが、フィルターシステムをマイナーチェンジしました。

基本はこれまで通りFactory-style-aqua製エアレーションタンク→フィルターといったシステムですが今回は強引に2213と同等のエーハイム500をサブフィルターとして追加しました。(電源接続なし)

f0185924_1153468.jpg

!!ケーブル、配管関係を隠したつもりが上の写真でバッチリ写ってました(汗

概要としては
①エアレーションタンク(容量3ℓに対し半分のろ材と24hエアレーションを行います)

②サブフィルター(容量3ℓ 今回導入したのはシポラックス。ろ過面積を可能な限り増やす目的で)

③メインフィルター(2215 容量4ℓ ろ材がファクスタろ材プロトタイプ)

てな感じで2215で2本のサブを引っぱってる状態です。ポンプの一次側、二次側かどちらにどう配置するのがベストか考えましたか二次側に負荷がかかりフィルターケース破損ってのは避けたかったので単純に連結です。
これでろ過容量としては60Pに対しては過剰なくらいです。

しかしあくまで水槽内の水を循環させるフィルター(ポンプ)としてはどうなんでしょうか?
Factory-styleさんが少し前にフィルターの流速について書かれていましたね。
その記事を参考にうちのフィルターシステムも少し見直してみました^^

ここでは検証できるものさしが少ない為、「流量」について書きたいと思います。
まずはエーハイム2215のスペック。
流量は60Hzで 620ℓ/h とあります。
という事は1分間で10.3ℓの流量に。
このスペック表記はどれだけの負荷がかかった状態(ろ材が入った状態)かは不明ですがこれを元にうちの水槽で検証してみると・・・

f0185924_12312321.jpg

!?・・・1分間で4ℓほど・・・スペックの半分以下の流量となってます^^;
もちろんこれには2215にろ材を詰めた状態に加えサブフィルター分の負荷があるからと推測できます。

この数値が60cm水槽に対しての善し悪しはわかりませんが水槽・フィルターを含めたシステム全体としては役不足です。どれだけ多くのろ過バクテリアを抱え込んでも水の循環が悪ければ意味がありません。

f0185924_12534535.jpg


もうひとつ流量が弱いと感じれる指標としてはオーバーフローパイプの吸いこみも悪いという事。
オーバーフローパイプ内の水の動きが悪い為、これだけ調子の良い水槽の中でもパイプ内だけ藻類が発生しやすくなっている事もそれを結論着けてます。

今まで髭苔を発生させない為に弱め弱めの水流つくりを考えてましたが、より優先すべきはシステム全体の循環量でした。さすがはFactory-styleさんでした^^

という事でフィルターを今日ポッチとしました。
ほんとはステンレスキャニスターのアイツが欲しかったけど(汗



尚今回の記事は誤解を招くような表記もあるかと思いますのでご指摘お待ちしております^^;
[PR]
by resista9216 | 2010-01-18 13:02